でんき予報

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

気象史上まれに見る寒波が関東に襲来する見込みです。それに伴って東京電力管内では電気の供給量が結構ギリギリだそうです…(東京電力のでんき予報より)
1月24日の夕方には需給バランスが96%に達するとの予報。夕方のこの時間、各家庭が炊飯器等の調理器具を使い出す時間かと思います。これ、結構ヤバくないですか?ギリギリの場合、何か起こったらショートするということです。大規模停電、ブラックアウトが起こるとは考えたくないですが、いつもより可能性が高いということは言えると思います。

突然の停電は、電化製品や、特に情報機器には致命的なダメージを与えることがあります。特にサーバー、次にデスクトップパソコンですね。ノートパソコンはバッテリーがついていれば問題ありませんが、サーバーがガリガリ動いている時に突然の停電にあうと、処理中のデータはおろか、ハードディスク等に問題が起こる場合があります。こんな時のために、重要な機器には、UPS(Uninterruptible Power Supply=無停電電源装置)を、電源との間にかましておくことが重要です。これがあると、何かあった時に、少なくとも機器をシャットダウンさせるまでの時間稼ぎが可能です!

私事で恐縮ですが、以前、自宅近くの変電所で事故があり、近所一帯が停電したことがありました。我が家には、サーバーはありませんので、特に問題はありませんでしたが、結構色んな家電が初期設定に戻ったりして面倒なことになりました。停電が起こりやすいのは、雷などもそうですね。オフィスにおける突然の停電は、致命的なダメージを起こすこともあり得ます。

当社ではUPSも商材として取り扱ってございます。ご興味をお持ちの方は、お問合せくださいませ!

「み」