IT導入で商売繁盛!“プラスITフェア2018”へ出展


IT導入で商売繁盛!“プラスITフェア2018”へ、勤怠管理ソフト“Dr.オフィスLookJOB”が出展します。

助成金による賢い導入方法をはじめ、Dr.オフィスLookJOBによる業務効率や、生産性向上等の具体的な導入効果をご説明と、実機デモンストレーションで使い勝手の良さをご体感ください!

日時:6月12日(火) 13:00〜18:00
会場:ベルサール東京日本橋(ブースNo.40でお待ちしております)
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
交通:・銀座線/東西線/浅草線「日本橋駅」B6出口直結
・銀座線/半蔵門線「三越前駅」B6出口から徒歩約3分

http://www.plus-it-fair.jp

 

Dr.オフィスLookJOB
https://ssl.koushin.co.jp/it_solution/package/kintai.html

 

“プラスITフェア2018”とは…
ITツール導入に関する助成金の説明会や相談会、ITツール導入で成功した企業のココだけの話など、他では聞けない経営力向上、販路拡大、業務効率化、売上アップのヒントがいっぱい。貴社の事業+ITで、広がる未来をぜひ体感してください。

セキュリティ対策自己宣言★★

 

当社は、情報セキュリティを高めて強い組織を目指すべく、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が創設した「SECURITY ACTION自己宣言(二つ星)」に登録しました。先ずは当社組織と従業員の意識向上を図り、お客様への啓蒙とセキュリティレベル向上のお手伝いを推進して参ります。

 

「SECURITY ACTION」とは…
IT化の進展に伴い、企業の情報資産の窃取や業務妨害を狙ったサイバー攻撃・犯罪は巧妙化・悪質化しており、これらのターゲットは、政府機関や大手企業だけでなく、近年では中小企業にまで拡大しています。IPAが実施した「2015年中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」によると、約80%の中小企業が情報セキュリティに対する脅威を感じている一方で、約半数が自社のセキュリティ対策が十分でないと感じています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、サイバー攻撃・犯罪は更に拡大する懸念も指摘されており、中小企業における情報セキュリティ対策の普及加速化は喫緊の課題となっています。 このような背景を踏まえ、IPAと中小企業関係団体は2017年2月「中小企業における情報セキュリティの普及促進に関する共同宣言」を行い、“自発的な情報セキュリティ対策を促す”ための核となる取り組みとして「SECURITY ACTION」を創設しました。(出典:独立行政法人情報処理推進機構)
https://www.ipa.go.jp/security/security-action/index.html

ホームページの導入で、 最大 50万円の補助金がでます!

経済産業省「サービス等生産性向上 IT 導入支援事業」による補助金制度が開始されました。ホームページのご相談から補助金申請まで、コウシンがまるごとサポートします。

交付金はなんと半額!
例えば「Dr. オフィス FlexHP Plus CMS」の場合、販売価格100万円のところ最大50万円の交付金が受け取れます。
つまり、お客様の実質ご負担額は50万円です。

対象となる業種・条件
中小企業・小規模企業者等が対象です。(法人/個人)
本事業を実施することにより、3年後の生産性の 伸び率が1%以上、4年後:1.5%以上、5年後:2% 以上となる計画を立てられること。 (経営診断ツールを用いて生産性を計測、目標策定を行う)

申請の流れ
1.導入する製品を決定 (お客様)
2.補助金を申請 (弊社がお手伝い)
3.申請を審査 (補助金事務局)
4.導入結果報告 (弊社がお手伝い)
5.交付金の支払 (補助金事務局)※2018年秋~冬頃になる予定

申請期間:2018年4月20日~2018年6月4日
※補正予算額に達した時点で申請受付は終了します。
※申請期間までに申請書類の作成等を行う必要があります。

ご興味をお持ちの場合は、お急ぎください!

https://ssl.koushin.co.jp/pdf/it-hojo/flexhpplus2018.pdf