本ネタ

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

「み」は本を読むのが結構好きです。気に入った本は何度も繰り返して読みます。最近、アタリ!を読んだので、ご紹介。(新刊ではないのですが)

浅田次郎著「壬生義士伝」。なんかの記事で、書店員さんが選ぶ最高のエンターテイメント小説と言われていたので、購入して読み始めました。読み始めると、主人公に対するイヤな描写からスタートするし、また東北弁での記述が多かったりして、ちょっとペースがイマイチ速まらなかったのですが、中盤からどんどん引き込まれました。文庫本で上下巻と結構なボリュームがありますが、下巻はほぼ一気読みでした。途中、幾度か噴水のように涙が…。。。

途中で気付いたのですが、話の進め方が、百田尚樹氏の「永遠の0」とそっくりです。百田氏はこの「壬生義士伝」をオマージュとして「永遠の0」を書いたとのことです。個人的には「永遠の0」も楽しく読みましたが、そこはやはりオリジナルの破壊力です。個人的には、こちらのほうが好みかもしれません。

ネタバレ防止のため、話の流れは割愛しますが、当時の貧しさというのは現代人の想像を超えるレベルであるというもの、また時代の流れとはあっちに行ったりこっちに行ったりで、また人間というのは今も昔も良くも悪くも変わらないのだということです。いい本を読むと、ココロが清々しくなります!
ネットサーフィンもそこそこにして、いい本を探しましょう!

「み」