1月も終わりです

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

早いもので、2018年の1月も終わりです。ついこの間、初詣に行ったような気がしますが…1月も振り返れば色々なことがありました。東京では数十年ぶりの寒波に襲われ、久しぶりにかなりの積雪にも見舞われました。あの日はエライことになりました。バスに乗れず、または駅にも入れず外で立たされた方もいらっしゃったのではないでしょうか。2月に入ってからも早々に降雪の予報も出ています。気をつけたいところです。

大きな出来事としては、成人式に振り袖が着られなかったりとか、仮想通貨の取引所がハッキングにあって不正にバリューが抜き取られたとか、大相撲では久々の平幕栃ノ心関が優勝したりとか、ですかね。栃ノ心関は、膝の靭帯を怪我して相当に番付を落としての復活優勝、個人的には応援していた力士でしたので嬉しかったです。怪我を克服して復活するって凄いと思います。横綱の稀勢の里も怪我で連続休場を余儀なくされていますが、なんとか復活して欲しいものです。ただ、横綱は番付を落とせないからなあ…。
2月は平昌オリンピックが開催。どんなドラマが生まれるでしょうか。かつ、平昌の次のオリンピック/パラリンピックは「東京」です!

「み」

iPhone6s 逝く

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

先日、iPhoneの記事を書いた祟りか、「み」の愛機であったiPhone6sが不調になりました。iPhoneはご存知の通り、Apple社の製品であり、iPhoneやiPadのハードウェアの不調に関してはケータイショップに持っていっても、解決することはほぼありません。

不調になって始めて色々と調べてみましたが、故障が疑われる際には、Apple Storeだけではなく、正規プロバイダへの持ち込みも出来ます。「み」は今回、クイックガレージさんの東京駅前店さんに持ち込みました。かつて、公式ショップに持ち込んだ時はちょっと冷たい対応をされましたが、クイックガレージさんはかなり詳しくかつテンポよく調べてくれて、説明も非常に論理的で納得いくものでした。

が!

調査の結果、部品交換では本質的な解決にはならないということが判明 Orz…昨年秋にやっと24回払いが終わったところだったのに…。とはいえ、今更、¥36,504を払って同じ6sに入替えをするのも気が進まない、ということで、見送っていたiPhone8を思い切って購入しました。

前回、5→6sに機種変した時は、色々違うのにかなり驚きましたが、6s→8は見てくれもあまり変わらない…と思いきや、機能はかなり進化しております!また、分割払い回数もバリエーションが増えたのもお財布に少々優しい…。

「み」

 

愛用品

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

皆さんはパソコンのキーボードは何を使っていらっしゃいますか?ノートパソコン等であれば、そのままお使いでしょうし、デスクトップパソコンでは普通はPC本体にキーボードやマウスはついてくるので、そちらを使っていらっしゃることが多いかと思います。
「み」は何年か前に知人からロジクール社のソーラー型ワイヤレスキーボードを譲ってもらい、これが何物にも代えがたい愛機となっております。今はこちらは廃盤になっていますが、後継機種が出ているようです。(その知人は新しいモノ好きで、それもソーラー型ということで買ったようなのですが、彼はキーボードをカナで打つので、ひらがな表記がキーボードにないと使いにくい、という理由でした…(笑))。

もう何年になるかなあ…キーボードのアルファベットの一部は擦れて薄れてしまっていますが、打鍵感といい、配列といい、もはや仕事に欠かせないアイテムです。たまに違うパソコンを使うと、キー配列が違ったりして入力の生産性が著しく落ちてしまいます。今の「み」はノートパソコンを使っていますが、わざわざこのキーボードを接続して使っています。

ソーラーだから半永久的に…というのがウリでしたが、実はボタン型の充電電池が内蔵されていて、暗いところでもコレを使って電力を使える仕様でして、先日、とうとうこの電池がヘタってしまい、朝はキーボードが使えない(ある程度、光で重腕んしないと使えない)状態になってしまいました。しかし、ネット社会のありがたいこと、先人が使えなくなったコイツを生き返らせる方法をネットで公開してくれていました。ありがたいことです。(ちなみに、「み」は部品とり用に、オークションで同じものを購入し、在庫として持ってます…)

私どもとしても、お客さまが長く使うOA機器を販売しておりますが、やはりお客さまが「あって良かった」「使って良かった」というものをお買い上げいただき、長く愛用くださることを願っております。一つでも良い製品をお届けしたいと考えております。

「み」

お客さまのこと

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

当社のお客様は、本当に多種多様な業種にわたりますが、意外とクリニックなどの開業医さんもおられます。以前、当社のホームページ系の取材で「み」がお邪魔した「いなば内科クリニック」さんもその一つ。

先生が、新しく専門医の資格を取得されたとのことで、ホームページの更新をご依頼いただきました。「60を過ぎての勉強で、ようやく取得…」というメールをいただきました。ありがとうございます!日々、勉強などしていないワタクシ自身が恥ずかしくなりました…。先生は今回、「認知症予防専門医」の資格を得られたそうです。
稲葉先生にはインタビューの際、休診日にも関わらず病院を開けていただき、当方の質問にも言葉を選びながら、分かりやすい言葉で丁寧にお答えいただきました。その上で、ホームページ開設の効果についても、お褒めの言葉を頂戴しました。しかしながら、その言葉の優しさや力強さに、そりゃ患者さんも増えるワケだと納得した思い出があります。先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

インタビュー記事はこちら

「み」

 

かじるなキケン

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

「ばくはつ きけん かじると しぬで」(このフレーズにピンとくる方は年齢がそれなりに…もう35年前の事件です)

中国のショッピングセンターで、iPhoneのリチウムバッテリーを齧ったら、それが爆発したという動画がyoutubeでアップされました。

Man causes explosion by biting replacement iPhone battery

ほんの10秒くらいの動画ですが、かなりショッキングです。ざっと見たところ、けが人等は奇跡的に居ないようですが、こんなに激しく爆発燃焼するのかと…。私自身、それなりに色んなことを自分でやっちゃう方ですし、自宅にあるスマホのサブ機、iPhone5もAmazonで買った純正バッテリーを換装したりしましたが、正直、バッテリーがこんなにキケンなものだとは認識がありませんでした。

皆さまも機械モノをイジる際は、電源コードや電池/バッテリーを抜いて、かつ電池やバッテリーは尖ったものを当てたり衝撃を与えたりしないように十分ご注意ください。もちろん、濡れた手とかで電化製品を触るのも基本的にはNGです。ただでさえ、この時期は静電気が発生しやすいので、精密機器の電子回路やボードを触る際はくれぐれもご注意を。一瞬でお陀仏になる可能性があります。。。

もちろん、複合機(=コピー機)をお客さまご自身でドライバーを使ってアレコレ…ということは無いと思いますが、もしもそのようなことがあれば、メンテナンスマンにお任せください!

バッテリーの怖さにおののいている「み」

 

でんき予報

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

気象史上まれに見る寒波が関東に襲来する見込みです。それに伴って東京電力管内では電気の供給量が結構ギリギリだそうです…(東京電力のでんき予報より)
1月24日の夕方には需給バランスが96%に達するとの予報。夕方のこの時間、各家庭が炊飯器等の調理器具を使い出す時間かと思います。これ、結構ヤバくないですか?ギリギリの場合、何か起こったらショートするということです。大規模停電、ブラックアウトが起こるとは考えたくないですが、いつもより可能性が高いということは言えると思います。

突然の停電は、電化製品や、特に情報機器には致命的なダメージを与えることがあります。特にサーバー、次にデスクトップパソコンですね。ノートパソコンはバッテリーがついていれば問題ありませんが、サーバーがガリガリ動いている時に突然の停電にあうと、処理中のデータはおろか、ハードディスク等に問題が起こる場合があります。こんな時のために、重要な機器には、UPS(Uninterruptible Power Supply=無停電電源装置)を、電源との間にかましておくことが重要です。これがあると、何かあった時に、少なくとも機器をシャットダウンさせるまでの時間稼ぎが可能です!

私事で恐縮ですが、以前、自宅近くの変電所で事故があり、近所一帯が停電したことがありました。我が家には、サーバーはありませんので、特に問題はありませんでしたが、結構色んな家電が初期設定に戻ったりして面倒なことになりました。停電が起こりやすいのは、雷などもそうですね。オフィスにおける突然の停電は、致命的なダメージを起こすこともあり得ます。

当社ではUPSも商材として取り扱ってございます。ご興味をお持ちの方は、お問合せくださいませ!

「み」

 

雪国@東京

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

オフィスを出るとそこは雪国であった

いやあ、降りました、大雪が。昨日の朝からパラパラと雪が降っていた東京、午後から本格的に降り始め、夕方にはしっかりと積もっておりました。見慣れた風景も雪化粧するとなんとも風流なもので…

 

って、そんないいもんじゃない!

一応、雨雪仕様でゴム底のブーツで来てはおりましたが、シャーベット時々氷の路面はちょっと気を抜くと滑るので、足指を開いて踏ん張りつつ歩幅を小さめにして緊張しながら下を向いて歩かねばならず、背中と腰がバキバキに凝ってしまいました。転んだらこんなものでは済まなかったでしょうな…。電車も路線によっては入場規制がかかったり乗り換えに異常に時間がかかったりと帰宅でご苦労された方も数多いと思います。読者の皆さまにおかれましてはどうぞお怪我等が無かったことをお祈り申し上げます。

しかし、毎回思うに、都市機能というものは雪でこんなにヤラてしまうものなのですね。雪国は凄い。これ以上のが毎日のように続くのですから。
ちなみに、当社では、雪関連の商材は販売しておりません…悪しからず。

「み」

三方良し

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

皆さまは「三方良し」という言葉をお聞きになったことはありますか?三方良しとは、日本三大商人の大阪商人・伊勢商人と並ぶ「近江商人」がモットーとしていた言葉を、戦後の研究者が「売り手良し、買い手良し、世間良し」、と分かりやすい言葉にしたものですが、最古の出典は、近江商人の中村治兵衛さんが書き残した家訓と言われています。

(滋賀大学経済学部附属史料館)

が、書き手が何代にもわたることから、書き手によって微妙にバージョンが異なるようです(笑)。ただ、共通しているのは、「商いは、自分の利益の為ではなく、全ての人に満足してもらうことだと考え、他国への商いに出かける場合は、行商先の国の人々を大切に思って商売すること」という点です。

この概念を、「買い手良し、売り手良し、世間良し」という「三方良し」という言葉に置き換えた学者さんはすごいと思います。(同志社大学院の末永國紀教授だそうです)

この近江商人の商道徳観や精神については、昨今の企業CSRの参考になるとして、経済学の分野で研究が進んでいるようです。「三方の世間はSocietyではなく概念的にはもっと閉鎖的」「ステークホルダーが排他的な背景がある」「○○の理念の方がCSR的には受け入れ易い」など横文字の今風の言葉が飛び交ってて、なかなかに興味深いところがあります…(笑)。

当社としても、この三方良しの精神は強く意識しております!売る時ではなく、お買上げいただいた後も貴社の発展のために協力していくつもりです。どうぞよろしくお願い致します。

近江商人商売十訓など、近江商人の理念に興味をお持ちになったら、以下のサイトもご参考に!

三方よし研究所 商法と理念

「み」

阪神・淡路大震災から23年

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

23年前の1995年1月17日に、阪神・淡路大震災がおきました。「み」は大阪で生まれ育った人間ですので、神戸も淡路島も馴染みがあるところで、昔からよく遊びにいっていた馴染みのあるところです。

当時、「み」は東京で暮らし始めており、ちょいちょいと地震を体験して「東京は大阪より地震が多いなあ」と思っておりました。まあ当時住んでいた木造アパートが安普請で、前の道路をダンプカーが走るだけで揺れるくらいでしたが(笑)。

その朝、何気なくテレビを点けると衝撃的な画像が眼に飛び込んできました。

しょっちゅうクルマで走っていた阪神高速神戸線が横倒しになっており、馴染みの神戸の町から煙が上がっている光景でした。何かのネタかと少し考えてしまうほどに「ありえない」光景でした。当時、大阪に住んでいた友人に聞くと、寝ているところに揺れが来て、テレビが落ちてきたのではなく飛んできたと。当時は、今みたいな震災アプリもありません、突然の揺れで家具が倒れて怪我された方も多かったと思います。(実家の母がやはり箪笥の下敷きに)数ヶ月経って、神戸に行ってみましたが、六甲山から見下ろした時に、あちこちの家の屋根にブルーシートがあった光景が今でも思い出されます。

あれ以来かなあ…家具転倒防止の突っ張り棒が売れたり、テレビも固定するようになったのは。実際、それらの効果があったと「み」自身は東日本大震災の時に体感するのですが、それはまた別の機会に。

ちなみに激しい横揺れの際は、家具だけでなくコピー機がすごい勢いで横滑りしたりします!

「み」

ホームページ作ります

皆さま、こんにちは。事務機器ねっとの「み」です。

「事務機器ねっと」とはちょっと違う話になりますが、当社は、「オフィスのコンシェルジェ」を掲げており、オフィスに関するあらゆることでお客さまをサポートしていきたいと考えております。コピー機(=複合機)やビジネスホン、パソコンやサーバなどのOA事務機器以外にも、オフィス家具やビジネス系のシステム構築の開発や保守、人材派遣や人材紹介も行っております。
そんななかで、ビジネスソフト部門とならび、ソフト的なソリューションとして、ホームページ製作も行っております。基本的に、昨今ではパソコンだけでなくスマホなどでもフツーに見ることが出来る仕様(レスポンシブデザイン)にて製作しています。以前は、PC用とモバイル用でそれぞれ違うコードでWeb製作していましたが、このレスポンシブ化により、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されやすくなります。スマホでホームページを見た時に、パソコン用と同じレイアウトで虫眼鏡でないと読めない字が表示されたりしますよね…ああいうことが起こらないようにしています。また、一世代前に流行したアドビのFlashも、2020年にはアドビ社が同製品から撤退しますし、最近のブラウザではFlash非対応も多いので、貴社のWebサイトにFlashをお使いの場合は、何らかの対応が必要かと思います。

貴社ホームページの新規作成、またはリニューアルなどお気軽にご相談ください。テンプレートを用いたレスポンシブデザインWebサイト(Google mapや問合せフォーム付き)6ページで25万円とかなりお安く提供しております。

詳しくはこちら

「み」